視力の低下を防ぐ方法

視力の低下を防ぐ方法

眼精疲労の影響

最近、視力低下が話題となっていることが多いです。
パソコンやスマホの使いすぎによって、視力が低下するのではないかと噂されることもあります。
しかし、基本的にパソコンやテレビ、スマホなどをずっと見続けたとしても視力が低下することはないです。

昔は夜に暗いところで本を読むと視力が低下するとされていましたが、これも単なる俗説であり、根拠のあるものではありません。
そもそも、日本人というのは世界的に見てもかなり視力の悪い人達の集まりです。
現代の日本人の半数近くは何らかの視力矯正を行っています。

そして、視力が低下してしまう原因のほとんどは遺伝によるものです。
そのため、普段の生活でどれだけ目に対して慎重な生活をしていたとしても、視力低下を避けることができない人達は存在します。
ただし、遺伝的な要因以外で視力が低下してしまう方もいて、その方の場合は普段の生活の中で視力を低下するのを防ぐ方法があります。

テレビやパソコンなどの見過ぎで視力低下が起きることは基本的にはないのですが、これはきちんと休憩をしている場合です。
休憩なしでずっとパソコンの画面を見続けるような生活をしていると、眼精疲労を引き起こしてしまいます。
一点をずっと見続けてしまうと、眼筋が動かさなくなってしまい、筋肉が衰えてしまう結果として、視力低下につながるのです。

視力低下を防ぐには

それでは視力低下を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。
まず大切なことは、適度に目を休めるための時間を確保することです。
1分間だけ目を閉じるだけでも、目の疲れをかなり休めることができます。

仮眠を取ったり、働く時間を事前に決めてしまい、休憩する時間を作ることは大切です。
近くのものばかり見ていると、眼筋が衰えやすくなってしまうため、たまには遠くを見る時間を作りましょう。
少しだけでも遠くを見る習慣を作ることによって、眼筋の衰えを防ぐことができます。

参考:http://matome.naver.jp/odai/2136819898459855201

視力低下の予防に効果的な方法として、目を温めることは有効です。
温めたタオルを目の上に置くことによって、眼精疲労を取り除くことができて、視力低下に効果的です。

姿勢を正しくすることも大切です。
特にデスクワークをしている方は、姿勢をよくすることを心がけましょう。
ブルーベリーが視力回復に良いことはよく知られているため、ぜひとも試してみてください。

目薬を定期的に使うことも効果的です。
その際には、疲れ目や充血用の目薬を利用しましょう。
以上の方法を実行することによって、視力低下をできるだけ防げるでしょう。