必要最低限だけ!デキる男のクローゼット

荷物を上手に収納することはとても重要

部屋が新築であったりおしゃれであったりしたとしても、部屋が散らかっていれば台無しです。
過ごしやすい部屋にするためには、やはり整理整頓することも重要になってきます。
整理整頓を上手にするためには収納を工夫することが重要です。

部屋が汚れやすくなる原因として、洋服の収納や管理は特にポイントとなります。
思わず洋服を脱ぎ捨ててしまったり、洗濯物を収納しようとしても溢れてしまったりすると、どうしても部屋が汚くなりがちです。
そこで、クローゼットの広さにあった収納方法を考えたり、収納の広さにあった適切な量を持つようにしたりするようにすることが重要なのです。

クローゼットの整理をするにあたって

クローゼットの中身を整理するにあたって、まずはきちんとクローゼットの広さと自分の荷物とを照らし合わせて適切な収納方法を考えることから始めます。
洋服は収納するにあたって、畳むものとハンガーにかけて吊るすものとがあります。
どういった収納方法の洋服がどのくらいの量あるのかを見て、その量にあったクローゼットの収納道具をどのように設置して行くかを決めて行くことで管理がしやすくなります。

収納するにあたっても、シャツは畳んでしまうとシワが寄ることもありますから、ハンガーで吊るすようにするのがオススメです。
洗濯後も、畳むことなくハンガーに吊るすだけで良くなるので収納もしやすくなります。

また、収納スペースを広く作れるように工夫をすることもポイントです。
ズボンを収納する際にはベルトを外して収納するようにしたり、ハンガーの種類を統一し薄めのものにするようにしたりすれば、吊るすことができる量が増えて収納スペースに余裕が出てきます。

持っている洋服の量と適量を確認する

クローゼットに洋服が入るからといって持ちすぎているのは良いことではありません。
持ちすぎていても、きちんと管理できていなければ手前にあるものばかりを選んで着てしまったり、既に持っているような洋服を買ってしまったりする原因となります。
そこで、自分の持っている洋服が何着あってどういった洋服なのかということをすべて把握して必要なものだけに絞ってしまうことも重要です。

クローゼットに余裕が生まれれば、そのおかげで洋服の管理もしやすくなりますし、逆に持っている洋服を把握しやすくなることでおしゃれを楽しみやすくなります。
そして、必要枚数に絞って置く方が持っている洋服を頭にインプットしやすくなるので、新しい洋服を購入するにあたっても手持ちの服と合わせやすいかとか似たようなものを持っていないのか、とかを確認しやすくなり買い物での失敗もしにくくなるというメリットもあります。