デキる男は、休日の過ごし方も違う?

休日を楽しむことが仕事の成功には重要

日本人はとても勤勉です。
そのため、仕事を休むことにとても罪悪感を感じる傾向があります。
残業をしたり、休日出勤をしたりすることが仕事の中で必要であると思っている人も多いものです。

しかし、仕事のできる人ほど休日はきっちり取得している傾向があります。
だらだらと休日を潰してまで働くのではなく、働くときはしっかりと働き、休むときはしっかりと休む、ということを徹底することによって仕事にメリハリが生まれ生産性も上がるようになります。

また、休日を思いっきり楽しんでリフレッシュすることはストレス解消にも効果的です。
リフレッシュをすることによって英気を養い、翌日からの仕事を頑張ろうという気持ちを持つこともできます。
ですから上手に休日を活用することが仕事のできる人になるための条件の一つともいうことができます。

そこで、ここでは反面教師としてダメな休日の過ごし方とオススメな休日の過ごし方とを紹介していきます。
自分がどちらに当てはまるのかを振り返り、より良い休日が過ごせるように生活を改善してみましょう。

ダメな休日の過ごし方

多くの人が疲れているからと寝だめをしようと考えたり、目が覚めてもベッドでゴロゴロしようと考えたりしがちです。
これは反面教師な休日の過ごし方です。

寝だめをすることによって、逆に疲労感は溜まります。
そして、昼まで寝たりのんびりしたりすることによって、生活リズムを崩しやすくその日の晩が寝られなくなり逆に月曜以降に疲れが出るということもあります。

また、翌日が休みだからと休日前夜に深酒をするのもあまりよくありません。
深酒をすることによって、翌日の起床時間に影響が出ますし二日酔いになれば外出したくなくなります。

もちろん、付き合いも大事ですしたまには時間を気にせず寝たいと思うこともあります。
しかし、適度にお酒を楽しむ程度にしておく方が良いのです。

仕事のできる人の休日

仕事のできる人の多くが休日でも普段と同じ時間に起きています。
毎日同じリズムで起きることによって、休日も時間を有効に使えますし、平日も体内の生活リズムがきちんと出来上がることによって寝起きからスムーズな行動が取れるようになります。

また、スムーズに行動ができるようになると、時間に余裕ができて仕事前後に自分の時間をしっかりと持つことができるようになりますし、休日は仕事の時間にも自分のために時間を持つことができるようになります。
休日のようにまとまった時間というのは、自分のために使うだけでなく、結婚して家族がいる人は家族サービスの時間となることもありますし、恋人がいる人は恋人との時間、友人と過ごすこともできます。
こういった時間を持つことで、非日常をしっかりと楽しみ良いリフレッシュの時間とすることができます。

平日の少しの時間は自分のために使い、休日は外に出かけたり誰かと過ごしたりという使い方をすることができるのが理想的です。
スキルアップをする時間を作ることもでき、なおかつ家族や友人との時間も作ることができるので、仕事もプライベートも無理なく両立することができるようになります。