カードローンで破産しないためのコツ

一番危険なのは多重債務

カードローンは賢く利用すれば自分の欲しいものがすぐに手に入ります。確かにカードローンは借金です。
借金はなるべくしない方がよいです。
しかしお金をうまく利用する事ができれば、もっと自由に過ごすことができます。
借金だからといって恐れることはないですし使い方次第です。

カードローンでもっとも気をつけないといけないのが多重債務です。
消費者金融関連の法律が改正されたのも多重債務の方が増えて自己破産する方が増えたからです。
金融庁のホームページをチェックすると多重債務の危険性をアピールしています。

平成18年に賃金業法が改正されて借り過ぎを防止する法律に変更されました。それくらい多重債務になってしまった方が多くなり社会的な問題になったからです。
多重債務は気づいたらなってしまうというケースが多く、法律で制限しなければ抑止する事ができない状況になるくらい問題です。

まさか自分が多重債務者にならないだろうと思う人もいらっしゃるかもしれませんが実際に多重債務になってしまう方がいます。
原因は一度借りてしまうと手軽さから自分の収入以上に借りてしまう感覚になってしまうからです。

多重債務とは一箇所で借りていた返済が自身の収入では返せない状況になり、他から借りて返済をする状況です。
返済金額が増えていって返せない状況になります。
最近では複数のカードローンをする場合は事前に申告が必要なり、そもそも多重債務ができない仕組みになっています。

多重債務にならないポイント

カードローンで破産してしまう方は多重債務によって返済ができなくなり破産してしまうケースが多いです。
そういった状況にならない為には、まずは多重債務にならない事が大切です。
自身の収入状況を把握して冷静に返済できるようにプランをたてることが大切です。

そもそも現状の法律では多重債務にならないような仕組みになっています。
年収の3分の1以上は借りれない法律になっています。
実質年率も法律の改正によって以前は29.2%でしたが、現状は15%から20%までに引き下げられており返済金額もおさえられています。
そういった状況でも多重債務になってしまう原因としてヤミ金の存在があります。

ヤミ金とは簡単に説明すると法律違反をしている消費者金融会社です。
大手でそういった事をすると会社自体が潰れてしまうのでやっている所はありません。
一般的に街金と呼ばれている小さい会社の中に、法律を違反して貸し出している会社があります。
街金の中にも健全な会社はあり見分けがつかないのが現状です。

もし返済が難しい状況になったら多重債務になる前に全国の相談窓口に問い合わせして相談するのがベストです。
一人で悩んでしまうと精神的も良くないですし、適切な場所に相談する事で正しい選択ができます。