やっておきたい将来のための自己投資

自己投資をする

投資と言っても株式だったり不動産のようなお金を得るための投資以外も色々な方法があります。
特に20代30代という年代は、これからの将来の為に様々な経験やスキルを身につけることが投資になっていきます。

社会人になってある程度の年収が入るようになると遊びだったり、好きなものを買えるくらいのお金が手元に入ってきます。
そういったお金を使って今の生活を楽しむこともストレス発散になるし必要なことではあります。
しかし将来に向けて投資をするとよりよい将来が向かえるかもしれません。

昔の会社の仕組みであれば年功序列で終身雇用が保証されており、ひとつの会社に長く勤めていれば自動的に年収が上がる時代でした。
しかし最近では一部の大手企業を除けば終身雇用を保証してくれる会社はありませんし、自分自身のスキルを身につけて年収を上げていかないといけません。

若い時にしか勉強をしたり失敗するくらいの経験ができなかったりします。
40代や50代になると結婚をして子供を育てたりと自分の幅を広げる時間が無い事が多いです。
経験やスキルを身につけるために、将来に向けたお金の使い方をする事で自己投資をして自分自身をステップアップするチャンスがあります。

どうやって自分へ投資するか

自分への投資の仕方として分かりやすいのが資格を取得したり語学を勉強する事です。
特に若い時でないと勉強を習得する時間も短時間で吸収する事ができます。
既に就業している会社に関連する資格を取得する事で管理職などステップアップするチャンスが増えます。

自分への投資する方法ですが、まずは5年後、10年後とどういった自分になっているかを想像することです。
こういった仕事をしているという想像でも良いですし、家を持っていたり、自動車を購入していたりと具体的なライフスタイルを想像するのも良いです。

将来の自分の姿をイメージしたら、そのイメージになる為にはどういったことをしないといけないのかを想像します。
海外で働きたいと考えているのであれば、外国語の勉強が必要になります。
また海外生活をする為のコミュニティも必要になってきます。

自分の将来へのイメージが具体的であればあるほど、今の自分が何をしないといけないのかが明確になってきます。
イメージが難しいのであれば周りの人をチェックして、こんな10年後になりたいと想像します。
近くにいなければ有名人のライフスタイルとかを想像してもよいです。

イメージしたい人を探すためにセミナーだったり、ちょっとしたパーティーとかに参加するのも良いです。
facebookなどで調べてみてコミュニティに参加して、理想の将来を想像するだけで今の生活にも変化が出てきます。