お金を借りるなら銀行から!その理由とは

銀行で借りるメリット

お金を借りると考えたら一番最初に思いつくのは消費者金融のカードローンやキャッシングサービスかもしれません。
テレビCMでも頻繁に見ますし個人向けで用途を気にせずに気軽に借りれるのが消費者金融会社のサービスです。

しかし銀行でもカードローンのサービスを提供しているので、そちらのサービスを利用した方が何かとメリットがあります。
銀行でお金を借りるのは事業をしている人だったり、家を買うために大きな支出をする時にしか利用しないというイメージが強いかもしれません。

最近では個人向けの気軽に利用できるカードローンが銀行でも多くなっています。
法律の変更などもあり銀行でも気軽にカードローンができます。
銀行でお金を借りるメリットは色々とありますが、一番分かりやすいのが実質年率(金利)が消費者金融会社よりも低いです。

単純に消費者金融会社よりも銀行で借りたほうが金利が低いので、返す時の金額も銀行の方が安くなります。
ある程度、安定した仕事についており収入もあるのであれば、消費者金融会社よりも銀行で借りたほうが金額的にメリットがあります。

代表的な消費者金融会社の実質年率は4.7%から18.0%になっています。銀行だと4.6%から14.6%になっています。
実質年率は借りる金額が高くなると低くなります。
ちょっとした金額を借りたいとなると、高い実質年率で比較すると分かりやすいです。
消費者金融会社だと18.0%ですが銀行だと14.6%の設定になっているので、銀行の方が実質年率が低いので返す時の金額も安くなります。

銀行は審査が大変?

一昔前だと銀行のカードローンは審査が大変というイメージが強かったです。
しかし現在は、銀行も消費者金融会社も審査については大きな違いはありません。
一般的に審査の厳しさを比較すると、銀行、消費者金融会社、街金という順番で審査が厳しいと考えられています。

銀行と消費者金融会社、街金は法律上は違うものになっているので手続きにも違いはありますが、カードローンを申し込む時の必要な書類などに大きな違いはありません。
消費者金融会社も街金も同じ法律に沿って手続きが必要になるので、審査上の厳しさというのは違いが無いという考え方でよいです。

それでも審査の違いがあるとなると街金の場合は、法律上でグレーゾーンに入ってしまうのでヤミ金の可能性があります。
銀行であれば信用力もありますので安心してカードローンができるメリットがあります。

銀行の審査は以前よりもライトな状況になっているのでネットを利用して最短30分での審査回答をしてくれたりと一般的な消費者金融会社とサービスの違いが少なくなっています。
既に口座を持っている銀行であれば返済の振込も手軽にできるので利便性がさらに高くなります。