知っておこう!子ども1人にかかる子育て費用

子育てにかかる費用は?

結婚をして子供が生まれるのは嬉しいことですが、これから子供が大人になるまで育てていく責任ができてきます。
子供が育っていく喜びはありますが同時に子育てにはお金がかかるのが現実です。
お金を理由に子供の希望にこたえられないジレンマもありますがお金は切実な問題です。

子育てに対してのお金の不安を解消するのであれば、実際にどれくらいのお金が必要になるかを事前に知っておくことで日々の貯蓄のスケジュールもたてやすくなります。
一般的に子育てに必要な費用の総額は3000万円と言われています。
子供が産まれて大学を卒業するまでの総額です。

大学を卒業するまで3000万円かかると考えると、22年間で3000万円かかる計算になります。
単純計算で年間136万円かかることになります。
現在の収入で毎年136万円を貯蓄する計算になります。月々だと11万円くらいです。
具体的な金額にすると結構な金額になるなと実感できます。

一般的な計算で中学校までにかかる費用は1700万円と言われています。
ここから高校や大学進学と進路によってかかってくる費用に違いが出てきます。
公立高校と国立大学に進学すると総額で約350万円になります。
私立高校と私立大学になると総額が約800万円になります。

進学する方向性によって倍以上に費用に変化が出てきます。
子育てに対しての不安は金銭的も出てくるかもしれませんが計画的に気負いせずに進めることが大切です。

学資保険を選択する

個人的に子育ての為に貯蓄をする方法もありますが、学資保険を利用して貯蓄する選択肢もあります。
学資保険とは自分自身に万が一の事があった時に、子供の教育費を出してくれる保険サービスです。

ガン保険や入院保険のように掛け捨てタイプもありますが学資保険には貯蓄型といわれるように元本割れしないサービスもあります。
元本割れしないので貯蓄するように支払うことができ銀行に預けるように保険を利用する事ができます。
さらに万が一の時にも子供に養育費を残すこともできます。

終身保険を利用して万が一に備えるという選択肢もありますが保険料の負担だけを考えると学資保険の方が割安に利用できるケースが多いです。
ただし、海外留学などの選択肢も増えてくると換金できるタイミングが柔軟にできる終身保険の方がメリットがあるとも考えられます。

学資保険に限らず貯蓄型の保険を選ぶことで万が一に備えつつ子供の教育費を貯蓄していくことで税制面でも控除されるので一石三鳥になります。
お金のやりくりは節約に限らず将来を想定して、税金も気にする事で賢く支出をおさえて不安も解消する事ができます。
どういった保険のプランがベストなのかは個々人によって異なるので一度相談に行ってみるだけでも面白いです。