職場恋愛のメリット・デメリット

職場恋愛のメリット・デメリット

価値観の共通がしやすい

昔は職場で出会った異性と恋愛をして、そのまま結婚をするというのが一般的でした。
ドラマや映画などでも職場恋愛がテーマとして扱われていることもよくあるのですが、実は最近職場恋愛が減少しています。
アンケート調査をしても、職場恋愛をしたくないという方が増えています。

そんな職場恋愛にどのようなメリットやデメリットがあるのかを紹介しましょう。
まず、職場恋愛の一番のメリットとして、毎日会うことができる点があります。
社会人になってしまうと、生活のほとんどが会社で過ごすことになってしまいます。

違う職場の異性と付き合うようになると、なかなか会うことができなくなります。
お互いの日程を調節することが難しくなってしまい、やがては疎遠になってしまうカップルも少なくありません。
職場恋愛であれば、安心して毎日会うことができるため、お互いの好意を維持しやすいです。

また、相手の素の姿を目撃できる可能性があります。
仕事に失敗してしまったり、ちょっと疲れてしまった姿を見ることができるため、相手の本当の姿を観察しやすいです。
恋人の前だと自分の弱みを見せない方が多いのですが、同じ職場の場合は、どうしてもすべてを隠すことができないために、相手の色々な一面を目の当たりにできます。

同じ職場だと共通の話題を持ったり、価値観を共有することもできます。
愚痴を言い合ったり、お互いに嬉しかったことを報告することもできるでしょう。
通常よりもさらに濃い恋人関係を築ける可能性があるのです。

職場恋愛のデメリット

ただし、職場恋愛にはたくさんのデメリットも存在しています。
まず、相手との距離が近すぎるために色々な問題が生じやすいです。
飽きてしまうこともあれば、相手の素の場面を見すぎてしまい冷めてしまうこともあります。

周りの目を気にする必要もあるでしょう。
職場恋愛を禁止しているような会社も珍しくないため、周りにばれないように気をつけながら付き合うのはとても大変です。
最も大きなデメリットとして、別れた後は大変です。

お互いに気まずい雰囲気となってしまうでしょう。
あなたが付き合っていた相手が、たとえばあなたの後輩と付き合うようになるというケースもあるのです。
失恋の傷を癒やすことができずに苦労している方も多いです。

このように職場恋愛にはメリットもデメリットも存在しています。
職場恋愛に興味のある方は、本当に自分はその状況に耐えることができるのかをよく考えておくべきです。