結婚内祝いってどうすればいいの?

結婚内祝いってどうすればいいの?

マナーを大切にする

結婚をするためには色々と決まりきったことをしなければいけません。
昔からの風習であり、それをきちんと守らなければ非常識な人とみなされてしまうでしょう。
そんな風習の一つとして、結婚内祝いというものがあります。

これは、結婚のお祝いをくれた方に対してお返しとして贈り物をすることです。
一般的には、結婚式に招くことができなかった方に対して贈ります。
ただし、披露宴をしないならば、お祝いをもらった時にきちんと内祝いを準備するべきです。

結婚内祝いというのは、感謝の気持ちを伝えるために行うものです。
色々なマナーや決まり事があるため、それを守りましょう。

また、お祝いをもらった時にすぐに内祝いのことを考えるのではなくて、まずはすぐにお礼の言葉を伝えるべきです。
直接もらった時はもちろんのこと、配送で受け取った時にもすぐに電話をかけるようにしましょう。
いち早く感謝の気持ちを伝えることによって、相手に失礼となりません。

この時に注意するべきこととして、メールで連絡をするのはやめておきましょう。
特に年配の方の中にはメールは失礼であると考えている方も多いです。
直接相手に会いにいくか、あるいは電話をかけましょう。

内祝いについて詳しいことを知りたい方はこちらのサイトを参考にしましょう。
参考:内祝い・お返し | 大丸松坂屋オンラインショッピング

結婚内祝いの基礎知識

内祝いはいつ頃贈ればいいのでしょうか。
基本的には結婚式の後、一ヶ月以内にしましょう。
できるだけ早めに贈るべきです。

結婚内祝いとは、自分達が結婚をしたことを報告する意味もあります。
したがって、あまり遅くなってしまうのは失礼になるでしょう。
早く贈るためには、できるだけ早めに準備をしておくべきです。

内祝いの予算としては、もらったお祝いの半額程度を目安としましょう。
明らかに安いものは相手に対して失礼であり、逆にあまりにも高いものも相手を恐縮させてしまうでしょう。
内祝いは相手からもらったお祝いに合わせて選ぶものであるため、一種類とは限りません。

贈る相手のことを考えて用意しましょう。
内祝いについての知識をきちんと勉強しておいて、きちんと贈れるように準備してください。