時間を賢く使う、ビジネスマンの朝活

最近話題の朝活

朝活という言葉がメジャーになってしばらくたちます。
初めは自主的に朝残業をしたり、早めに家を出てカフェで勉強をしたり仕事をしたりする人が出てきたことで言われるようになったものでした。
しかし、最近では企業も朝活を推奨するようになってきています。

朝の時間を有効活用することによって得られるメリットが大きいために、このような朝活が広がりつつあります。
朝活をするにあたって、仲間同士での交流をしようということで、最近では朝活の市民大学が開かれているほどです。

このように朝活が良いということが言われていても、具体的な朝活のメリットや朝活で取り組むべきことがきちんと理解できていなければ時間を有効活用することができません。
そこで、ここでは朝活でどのようなことを取り組めば良いのか、そして成功している人はどんなことをしているのかを紹介していきます。

まずは朝型になることから

成功者には朝型の人が多いということがよく言われます。
もちろん、朝型の人が皆成功しているわけではないですし、偶然であるともいえます。
しかし、朝から早起きをすることで得られるメリットは色々とあるために、仕事の成功とは関係なく朝型になること、そして朝にいろいろな活動をすることは有効なのです。

朝型になることで、規則正しい生活をすることができます。
小さなことのように思えますが、日の出とともに起きて日の入りとともに寝るという昔の人のような生活をすることで、体内のリズムが整って心身の調子を整えることができるのです。

また、生活習慣が整うことによって、リズムができるので時間を有効活用することができます。
毎日同じ時間に同じことをするという習慣が出来上がることで、いろいろなことを考える必要がなく短い時間でテキパキ行動ができるようになるので自由に使える時間を確保できるようになるのです。

朝活で取り組みたいこと

朝活と聞いて具体的に何をすれば良いかがわからない人が多くいます。
もちろん、正解があるものではありません。
しかし、自分のために使う時間であると考え、難しく考えず普段やりたいと思いながらなかなかできないことに取り組むのがオススメです。

例えば、ビジネスマンで仕事が忙しいという人はなかなか新しい知識を得る時間が持てないものです。
新聞をきちんと読んだり、資格の勉強をしたり、本を読んだりという時間を持つことも一つの朝活になります。

他にも、運動不足を感じている人は朝活としてランニングをしたりストレッチやヨガをしたりしているという人もいます。
もちろん、頭や体を動かさなければならないわけではありません。
時にはゆっくりとコーヒーを飲みながらいろいろなことを漠然と考えて過ごしてみるのも有効であり、こういった時間も新しいアイデアを得るための時間になったりリフレッシュの時間になったりして仕事に良い効果を波及するものとなります。