初対面の相手との上手な付き合い方

人は第一印象が重要

人と会った際に、初めの印象というのはなかなか消えないものです。
第一印象が良いものであれば、ずっとその人に対してポジティブな印象が残るものですが、逆にあまり良くない印象を持ってしまうとずっとネガティブな印象を抱いてしまうものです。
そして、こういった最初の印象というのはなかなか消えるものではないために挽回をするとなると相当な努力が必要となります。

第一印象をよくするためには、いくつかのことに気をつける必要があります。
決して難しいことではないですし頭に入れておくだけで十分に立ち振る舞いに気をつけることができることです。
そこで、ここではビジネスマンとして知っておきたい初対面の人との上手な付き合い方を紹介していきます。

外見の印象に気をつける

やはり人は最初に相手の見た目に目がいくものです。
そして、これは容姿端麗ということではありません。
大事なことは清潔感のある身だしなみであるということです。

基本的にはビジネスマナーに則った身だしなみの整え方で問題ありません。
スーツが正しく着こなせているか、髪の毛やヒゲ、爪は整えられているか、靴は磨かれているか、といったことです。
特別なケアをしたりお金をかけたりすることより、まずは簡単にできることからで良いですから、相手に不快な思いをさせたり不潔な印象を持たれたりしないようきちんと鏡の前で自分の様子をチェックして恥ずかしい状態ではないかを確認して人と会うようにしましょう。

自分が聞かれて嫌なことは聞かない

仕事を進めるにあたって、聞き上手であることはとても重要なことです。
会話が円滑に進むようになると、場が盛り上がりその場がポジティブな空気でまとまることができます。

聞き上手になるためには質問が上手にできる必要があります。
そこで、質問を上手にするためには相手が答えたくないような質問や不快な気持ちになる質問は避けることが重要です。

特にプライベートに関することはあまり好まれる質問ではありません。
年齢や結婚、子供の有無、出身と言ったことは人によっては話したくないと思う人もいます。
もちろん事前情報としてそう言った話をすることを好む人であるということを知っていたとしても、ある程度話をして理解が深まったところで行う方が距離感を正確につかめる人と思ってもらえ良識のある人であると思ってもらえます。

褒め上手になる

私たちは褒められた経験が少ないという人が多く、そう言った人は上手に褒めることができない人が多いです。
しかし、褒めるというのはとても大事な行為ですし、相手に好印象を持ってもらうチャンスにもなります。

とはいえなんでも目に見えるものを褒めれば良いわけではありません。
相手が褒められて嬉しいと思うのは、きちんと自分のことをみてもらえていると感じるからです。

そこで、大事なのが相手をしっかりと知ることです。
よく観察してどういう人なのか、何を考えているのかということをしっかりと見ていくうちに自分とは違うところ、尊敬するところというのが見えてくるのです。
そして、この観察することが得意になると話のタネを見つけやすくなり会話が弾むようになるというメリットもあります。