時間に追われず仕事をするには

時間に追われず仕事をするには

すきま時間の有効活用が鍵

どうしても仕事をしていて時間に追われてしまう人がいます。
そのような仕事の仕方を続けてしまうと、仕事の質が高まらず、簡単なミスをしてしまう可能性が高くなるでしょう。
時間に追われる人の特徴として、まずは仕事に時間を割り振ってしまうことがあります。

たとえば、この仕事には1時間かかる、3時間かかるなど、時間の予測を立ててしまうのです。
あるいは時間の予測をまったく立てずにだらだらと仕事を進めている方もいます。
1時間かかると決めてしまうと、たとえ30分で終わったとしても、帳尻合わせをして1時間かけてゆっくりと終わらせようとする意識が出てきます。

また、単純にやるべきことが多すぎて時間に追われてしまう方もいます。
やるべきことがどんどん増えすぎてしまい、それらに対処するための時間が不足してしまい、結果的に時間に追われることになるのです。
やるべきことをまとめて、計画性を持って仕事をしない方は余計に苦労する可能性があります。

すきま時間ができた時に、何もせずにぼけっとしている方は時間に追われやすいです。
数分程度の時間ができたのであれば、その時間を無駄にするべきではないでしょう。
そういうすきま時間をどのように使っているかによって、時間に追われるかどうかが決まります。

時間に追われないためには

それでは時間に追われないためにはどうすればいいのでしょうか。
まずは、時間に仕事を割り振るようにしましょう。
たとえば、次の1時間はこの仕事に集中すると決めてしまうのです。

その間はできるだけ同じ仕事に集中するようにして、別のことには気を取られないことが大切です。
そうすることによって、より集中力を高めることができて仕事の能率が上がります。
また、多少強引であっても、時間内に終わらせるようにしましょう。

やるべきことが多いという方は、まずは何をしなければいけないのか紙に書き出してみましょう。
そして、今日やるべきことだけに集中するようにして、明日以降のことはその時に考えると割りきってしまいましょう。
そうすることで、落ち着いて今日やるべき仕事に集中できます。

仕事をしているとほんのちょっとしたすきま時間が生ずるものです。
その時間を有効活用するかどうかによって、仕事の効率化に大きく影響します。
優秀なビジネスマンは、ちょっとしたすきま時間であっても、色々なことを行います。

たとえば、10分時間が空いたならば、その時にスケジュールの確認をしたり、メールをチェックしたり、書類の整理をするといったことができます。
すきま時間にこれらの作業を行えば、実際に仕事をしている時間は今行っている作業に集中できます。
以上のことに気をつけながら仕事を進めていきましょう。