レバレッジ思考を身につける

レバレッジ思考を身につける

仕事に対する意識変化

レバレッジ思考を身につけることによって、ビジネスで効率的に成果をあげることができるようにあります。
レバレッジとはテコの原理のことであり、最小の力によって最大の結果を得るという意味があります。
ビジネス界において成功している方はたくさん存在していますが、その中の多くの人達が実際にレバレッジ思考を実践しています。

自分は一生懸命仕事をしているのになかなか成果が出なくて困っている方は多いです。
社会人の場合は結果がすべてであり、それまでの過程でどれだけ努力をしてきたとしても、結果が伴わなければきちんと評価はされません。
自分が努力をしたにも関わらず結果が出ないという状況はとてもストレスがたまるでしょう。

たくさんの仕事を抱え込んでいても、それに苦労している人もいれば、余裕を持って次々とたくさんの仕事をこなして成果を上げている人もいます。
この違いはどこから来るかというと、仕事の方法が違っているのです。
多くの仕事を効率よくこなしている方というのは、レバレッジ思考を身につけていて、実際の仕事でそれを実践している人のことなのです。

少ない労力から最大の成果を獲得するためのレバレッジ思考をぜひとも身につけましょう。
それによって、あなたの仕事に対する意識は大きく変化して、これまでとは異なる結果を出せるようになるでしょう。

レバレッジ思考を身につけるには

レバレッジ思考を仕事に活かすやり方として、自己投資をすることによってレコの力を働かせて、それによって少ない労力と時間から大きな結果を得ることを目指します。
自己投資によって自己資産が築かれていきます。
自己資産とは、たとえば時間資産や知識資産、労力資産、人脈資産といったものがあります。

自己資産を増やしていくことでテコの原理がかかるようになり、これによって成果が自然と上がります。
知識や労力、時間、人脈などは仕事の成果を上げるためには欠かせないものであり、これにどんどん投資をしていくべきなのです。
ここで気をつけてもらいたいこととして、レバレッジ思考を仕事に活かすのは、楽をして成功するためではありません。

たとえば、これまでに4時間かけてできた仕事が1時間でできるようになったとして、余った3時間を無駄に過ごすわけではありません。
その3時間も仕事を続けることができれば、結果的に4倍の成果が上げられるようになる。
これがレバレッジ思考による仕事術の大きなメリットなのです。

自己投資によって時間的な余裕をつくり、その時間をさらに成果を上げるために利用していく、このスパイラルによってレバレッジ思考は上手くいきます。
自己投資をする際にはきちんと目標を見定めて、自分の足りない自己資産を増やしていくように努めましょう。
ただ漠然と自己投資をしていたのでは意味がありません。