結婚とライフプラン

結婚とライフプラン

二人の考えをまとめておく

結婚を決めた時というのは、お互いが幸せな気持ちになっているものです。
将来は夢の様な世界が広がっているとイメージしていることでしょう。
しかし、現実はそれほど甘いものではありません。

これから結婚をするならば、将来のライフプランについて真剣に考えるべきでしょう。
どのような人生を歩んでいくのか、お互いの希望や理想などを共有しておくのです。
たとえば、子供は何人欲しいのか、家を買うのか、それともずっと賃貸で生活し続けるのかなどはきちんと話し合うべきでしょう。

結婚をするということは、お互いが人生を共有するということです。
したがって、生活上の問題が起きた時には二人で協力して問題を解決しなければいけません。
特に家系に関することについては、二人の考えをまとめておく必要があるでしょう。

共働きであるならば、お金の管理をどうするのか、生活費は誰が出すのかなどをルール化しておくべきです。
他にも話しておくべきことはたくさんあるのですが、まずはお金についての考えを共有するべきでしょう。

お金について考える

まず、金銭感覚をできるだけ理解するようにしましょう。
お金についての考え方というのは人それぞれ大きく異なるからです。
自分では当たり前だと考えていたことが相手にとっては当たり前ではないということはよくあります。

毎月の支出をどのくらいにコントロールするのか、どれだけ貯蓄をしていくのかはきちんと話しあいましょう。
老後の生活にまで視野を入れて、将来のライフプランを話し合い、お互いが幸せな人生を送れるようにするべきです。
見通しが甘いと、後で苦労することになります。

とにかく若い頃にお金を貯めておくと、後の人生での選択肢はかなり増えるでしょう。
結婚をすると奥さんが退職をするかどうか選ばなければいけません。
この場合、仕事を辞めてしまうと世帯収入が減ってしまいます。

また、育児をしたい場合でも、産休や育休を活用することによって、色々な給付金をもらえる可能性があります。
色々なことを想定しながら、夫婦の行動を決定するべきです。