montagne-日々、仕事を頑張る男性のためのWEBマガジン

  1. >
  2. >
  3. 効果を実感するための筋トレ方法

効果を実感するための筋トレ方法

筋トレの効果はどのくらい出てくる?

マラソンやウォーキングなどの有酸素運動は継続することで効果が次第に出てきます。
しかし筋トレはこれって効果あるのかな?と不安になることもあるのです。
結構長く続けているのにあまり見た目に変わらないとなると、やっていても効果がないんだからもういいやと考えます。

筋トレの効果はどのくらい出てくるのかというと、週2回筋トレをしている人は2ヵ月くらいたてば効果が出てきたかな?と感じられるでしょう。
この2ヵ月で効果を感じられるというのも、正しいフォームで的確な筋トレができている人に限り、フォームが乱れていたり負荷をかける部分がおかしいと筋肉がキレイにつかないのです。
既に2ヵ月も筋トレをしているのに効果が感じられない人はフォームや筋トレの方法をもう一度考えてみて下さい。

ダイエットと筋トレについても理解しよう

現代は女性も腹筋を割りたいと過酷なトレーニングを行っている人もいます。
腹筋がキレイに割れてきた、ウエストが絞れてくびれができたと思えるまでは時間がかかりますが、地道に続けていけばしっかり効果が出てくるはずです。
また筋トレというのはダイエット効果も非常に高く、特に筋トレをした後48時間から72時間、筋トレ効果が高まるといわれています。

筋トレをすることで成長ホルモンが分泌されますが、このホルモンに脂肪燃焼効果があるのです。
筋トレを継続的に行い代謝が高まる時間帯に有酸素運動をするなど組み合わせることでダイエット効果をより高めることができます。

筋トレを効率的に効果的に行うには

正しいフォームで筋トレすることが必要となりますが、負荷をしっかりかけることが必要です。
自己流で行っている方で筋肉が付きにくい・・と思う人は一度ジムなどで正しいフォームを習うといいでしょう。
どこに負荷をかけるのか、どういった姿勢でどこに意識を集中させて行えばいいのか指導してくれます。

正しいフォームや姿勢を覚えたら自宅でもそれを頭に入れてじっくりトレーニングしましょう。
筋トレも有酸素運動も一気に頑張りすぎてしまうと嫌になってしまうので、無理のない範囲で行う事が重要です。
最初から日数を増やさず1週間に2回くらいのトレーニングから始めるといいと思います。

筋肉が付きやすい部分を鍛えてモチベーションをアップしよう

身体の筋肉の中でも付きやすいところ、つきにくいところがあります。
長く筋トレを継続していくためにも、まずは筋トレの効果が出やすいところから鍛えてモチベーションをアップし、その上でつきにくいところを鍛えていくと継続しやすくなるのです。

筋トレの効果が出やすいところとしては大胸筋や三角筋、上腕二頭筋や大腿四頭筋になります。
特に大胸筋は筋トレの効果が出やすく男性は胸板が厚くなりますし、女性はバストアップが見込めるのでおススメです。

Leave Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です