montagne-日々、仕事を頑張る男性のためのWEBマガジン

  1. >
  2. >
  3. スマートに暮らすビジネスマンの部屋とは

スマートに暮らすビジネスマンの部屋とは

スマートに暮らすビジネスマンの部屋とは

ビジネスマンにオススメの間取り

一人暮らしの男性の中には「家は住むことができればどこでもいい」と考えている人もいます。

確かに仕事が忙しくなると家に帰っても寝るだけと言う人も多いです。しかし、家というのは英気を養う場であり、家がくつろげる環境になることで仕事も頑張れるようになりますし、家でゆっくりするために仕事を早く終わらせようと思えるようにもなります。このように自分の家が過ごしやすい環境になることによって、生活全体が良い方向に向かっていくようになるのです。

そこで、ここではこのような過ごしやすくなる家でも特にビジネスマンにとってオススメの間取りや家の作り方を紹介していきます。今の家で少し不満がある人や、より良い家にしていきたいと思っている人はぜひ参考にして見てください。

生活にゆとりが出るオススメの間取り紹介

ビジネスマンにとって朝の時間というのはとても貴重です。

朝の時間にゆとりが出るとその日1日の生活にゆとりが出て気持ちよく過ごせるようになります。朝の支度をするにあたって少しでも時間に余裕を持って過ごすことができるようにするためのコツとして、動線をスムーズにすることがポイントです。そこで、生活動線をうまく確保してなおかつ支度をしやすくするために重視したいのが洗面所の作りです。

洗面所ではスキンケアをしたりヘアメイクをしたりという時間を過ごします。また、人によっては朝のうちにシャワーをして仕事に行く人もいます。全ての身支度を洗面所で完結するような間取りであれば、スムーズに支度ができてなおかつ時間短縮ができるのです。

そこで、洗面所に十分な広さがあるとそれだけで便利で支度がしやすくなりオススメです。収納がしっかりとあれば下着類も洗面所に置いておけば身支度と着替えを一気にそこで済ませることができ時間短縮ができますし、広さがあることで過ごしやすくなりその点でも時間短縮ができるようになります。

やはり収納は重視するべき

物件を見る際に収納があること、多いことを気にする人は多くいます。

やはり、収納が広く大きいことは家探しで重視するべきポイントです。収納が広いと入れたい荷物を全てきちんと収納することができます。部屋の外に荷物が出るよりも、全て収納することができる方が部屋を有効利用することができますし、インテリアを楽しむことができるようになります。

収納が狭いと、部屋の中に荷物が増えるのでどうしてもごちゃごちゃしてしまいますし部屋が汚れやすくなります。そして部屋に家具が増えてしまうために自由なスペースが減ってしまい、置きたい家具を置くことができなくなってしまったり窮屈な部屋になってしまったりして過ごしにくい環境になってしまいます。そこで、間取りを有効利用するためにもやはり収納がしっかりとあることは重要なのです。

とはいえ、ただ広い収納があるだけでは使い勝手が悪くなります。自宅に入れたい荷物の量と収納の場所とその広さとがあっている物件を探すことが重要です。

マンネリ化は避けるべし

家の中の環境を整え、快適にくつろげる環境が完成したとしても、長く生活を続けるほどその環境が当たり前となり、ありがたみが薄れていきます。

飽きを感じ始める期間は、数カ月から数年と人によって様々ですが、マンネリを打破するには定期的にインテリアの見直しをはかるようにしましょう。部屋の環境が新鮮なものになれば、部屋でくつろぐありがたみもアップし、モチベーションの上昇しも大いに役立ちます。また家具を動かなければ、どうしても掃除がしにくくなる場所も生まれてくるので、見直しをはかる際は、部屋の清掃も平行して行うとよいでしょう。

また、手軽にマンネリ化を避ける方法としては、カーテンや壁紙を変更するという方法もあります。昨今は、海外メーカーの輸入カーテンのように、日本ではあまり見られない柄やデザインのカーテンも気軽に手に入れられるようになりました。家具やインテリアの買い替えは大変ですが、カーテンや壁紙であればカンタンに取り替えることも可能です。

ただし、デザイナーズマンションのような特殊な間取りの物件においては、市販のカーテンが使えないこともしばしばです。そんな時は、オーダーメイドのカーテンを注文するようにしましょう。一般的なカーテンよりも値段こそかかるものの、素材や色合いなどを好きに指定できるうえ、どんな形の窓でも対応してくれます。

参考:輸入カーテン・オーダーカーテンのサンクリドー