montagne-日々、仕事を頑張る男性のためのWEBマガジン

  1. >
  2. >
  3. 投資物件としての底地

投資物件としての底地

投資物件としての底地

不動産投資の一種として注目を集めているのが、「底地投資」です。
底地とは借地権付きの土地のことで、土地の利用権は借地人にありながらも土地の所有権は底地の所有者に帰属し、継続的な地代収入が見込めます。底地の所有者はいわゆる「地主」にあたります。

底地に投資するメリット・デメリット

底地投資は継続的な地代収入が見込めることが最大の魅力と言えます。一般的に貸した土地には家やマンションなど、長期間借りることが前提の建物が建てられます。一度契約を交わせば、安定して一定の収入を手に入れられるのです。これはマンション投資などに比べると空室リスクが少ないことにもつながります。
加えて、底地は建物などの不動産と違って管理の手間がほとんどかかりません。底地の地主には土地の利用権がなく建物を建てるなど自由な利用はできませんが、その分土地の表層部のメンテナンスは賃借人に委ねられます。土地の場合は滅失リスクも考える必要はほとんどありません。

デメリットとしてあげられるのは、地代収入は収益性が低めということです。特に安い初期投資で手に入る底地は古いものが多く、それらの地代はあまり高く設定できない場合が多いのです。地代の値上げは一方的にはできず、借地人と交渉しなければなりませんが、あまりスムーズにいくケースはないようです。
そのほか、いざという時に売りにくいということもデメリットになるでしょう。不動産投資の魅力は家賃収入と売却収入の二つの収入手段があることですが、底地は市場流通性が低いため売却収入はあまり期待できません。底地だけでは土地の利用権がないため、一般の人に売却するのが難しいのです。売却先として期待できるのは借地人か、隣地の地主です。
底地を高く売るコツについては、以下のサイトが参考になります。
🏠底地の買い取り | 【お困り不動産どうする?】

底地の選び方

底地を選ぶ際に最も注目するべきなのは、やはり地代の設定です。底地を買い取った後に以前から住んでいる借地人と地代交渉をするのは困難なので、底地を選ぶ時点で土地価格と地代のバランスをよく確認しましょう。

マンションなどと同様、底地も地域によって値段が大きく左右されます。地域の現在の地価はどれくらいか・将来的な再開発計画はあるのかなどに着目して土地を選ぶと良いでしょう。

その土地に住んでいる人の人柄も重要です。底地を扱う上では借地人との関係は切っても切り離せません。交渉段階で前の地主に仲介してもらえるようなら顔を合わせておいて損はありません。土地を購入した後も、借地人との関係を良好に保つことが底地投資を成功させる重要なカギになります。