クライアントとのビジネスランチで知っておくべき最低限のマナーとは

最近機会を増やしているビジネスランチ

一昔前までは飲みにケーションという言葉もあり、多くの人がビジネスシーンでのやり取りの一つとして仕事後の飲み会を大事にする傾向がありました。
しかし、最近では気軽にできて効率が良くお互いに負担が少ないということでビジネスランチを取り入れている企業が多いです。

しかし、ビジネスランチは食事をしながら行うため食事のマナーが大切になってきます。
マナーがきちんとしていない人とランチをすると一気に関係が悪化してしまう可能性もあり注意が必要です。
そこで、ここではこれからビジネスランチをする人のために知っておくべきビジネスランチのマナーを紹介していきます。

お店選びのマナー

ランチタイムは多くのお店がランチメニューを設けているためビジネスマンが訪れて回転率も高いです。
そういったお店ではなかなか落ち着いて話すことが難しくなってしまいます。
そこで、価格帯が少し高くビジネスマンが訪れにくいお店を選ぶとビジネスの話がしやすいです。

その際、少しオフィス街から離れている方が落ち着いた雰囲気のお店を見つけやすいですが、相手のオフィスに近いお店を選ぶほうが開いての負担を軽減できます。
お店の雰囲気、アクセスの良さ、料理の種類、落ち着いて話せる環境というのがお店選びのポイントです。
もしもそういったお店が近くに見つからないという場合にはホテルのレストランであれば落ち着いて静かに話せる場所が多くあります。

食事中のマナー

食事のマナーは相手を不快にさせることがあるので注意が必要です。
話をしながら食事をするため注意が散漫になるので食べにくいメニューは避けた方が落ち着いて食べられます。
洋服を汚しやすい汁物やソース系、汚れの目立つトマト系のパスタなどは避けた方が安心です。

また、食事中は相手のペースに合わせて食事を勧めていきます。
もしも相手が小食であればメニューも同じようなものにして品数を合わせるようにすると気が利くと好印象です。

支払いのマナー

基本的に食事の費用はクライアントではなく自分たちが払うのがマナーとされています。
ただし、頻繁にビジネスランチをしている場合、お互いの関係ができているならば交代でランチ代を持つようにすることも多いです。

食後にどちらが払うかでごたごたするのは後味が悪くなってしまいます。
クライアントに支払ってもらうのは気が引けますし今後の関係を不安視する人もいますが、シーンによっては相手に払ってもらったり割り勘にしたりする方が丸く収まることもありますから臨機応変に対応することが大切です。
もしも相手の分も支払いたいという気持ちがあれば誘った段階でこちらがお支払いしたいという言葉を添えておくとスムーズに会計がしやすくなります。