伝え方で欲しい結果を導ける方法

ビジネスで大切な伝え方

ビジネスの中では常に言葉でのやり取りが必要です。
会議もプレゼンテーションもすべて言葉を介して行われます。
日々の上司や部下とのコミュニケーションでも言葉が必要です。

そこで、私たちは言葉の伝え方を身につける必要があります。
伝え方が上手な人は才能があるのだと思われがちですが、そのようなことはなく日々のトレーニングでも身につけられるものです。
そこでここでは言葉の伝え方について紹介をしていきます。

言葉を作る

言葉は多くの人が深く考えずに思いついたものをそのまま口にしたり文章にしたりしがちです。
そのため言葉はセンスであり思いつくものだと思われています。

しかし、言葉は作るものです。
ここ一番の重要な時こそ思い浮かんだことをすぐにそのまま伝えるのではなく人に伝えるまでにワンクッションおいて作るようにするとそれだけで伝え方が変わりますし自分の気持ちを正しく伝えられるようになります。

作詞家やコピーライターといった人たちは言葉を仕事にしているためにすぐに言葉が思いついていると思われがちです。
しかし、実際には塩のようなことはなく日々たくさんのことを考えてち密に言葉を構築して作品を作り出しています。

言葉を作るためのコツ

相手に伝わる言葉、自分の思っているようなリアクションをもらえるような言葉を作るためにはコツがありこれは誰でも身につけられるものです。
まずは頭の中に浮かんだことをそのまま言葉にして伝えないことから始めます。

人は毎日22回も頼みごとをしているといわれており、その際すべてが良い返事がもらえるわけではないです。
物事をスムーズに進めるためにはできるだけ良い返事をもらえるようにする必要があります。
頼み事をする際、すぐに伝えるのではなく自分の頭の中で相手の頭の中を想像し、相手のメリットと一致する内容のお願いを考えるようにするとイエスの返答がもらいやすいです。

頼みごとをする際、どうしても人は自分の要望ばかりになってしまいます。
そこで自分の要望を伝えようとしすぎず相手にもメリットのあるお願いを心がけるだけでも相手がうなずいてくれる確率が高くなるのです。

また、伝える際には強い言葉を作ることを意識します。
強い言葉というのは語気が強かったりキツイ言い回しをしたりするのではなく人の感情を動かすようなエネルギーのある言葉です。

強い言葉を作るためには高低差をつけると伝わりやすくなります。
例えば「嫌いになりたいけれども好き」というように落としてあげる言葉は高低差が大きく相手に響きやすいです。
日常的に枕詞として使っている「これだけは知っていてほしい」とか「ここだけの話だけれども」といったものも効果があります。