行動で答えを導く方法

誰もが目標を立てるもの

新年を迎えたり新年度を迎えたり、オフィスでの人事異動があったりすると誰もが目標を立てるものです。
「仕事で成果を出したい」や「理想の恋人と出会いたい」などビジネスのことからプライベートのことまで目標の種類はいろいろなものがあります。

これらのことは目標を立てたからといって必ず解決するものではないです。
目標を立てたら実現するためには行動することが必要になります。

ただ、やみくもに行動をしても必ずしも実現するわけではないです。
きちんと行動することで目標を実現できる理由を知っておくと遠回りせずに目標を実現しやすくなります。

答えは行動によって導かれる

私たちはどうしても行動する前にあれこれと考えすぎてしまいがちです。
しかし、実際には動き出してからの方が解決策が見つかりやすいですしやりたい方向性が見えることがあります。
これが行動フォーカスアプローチといわれるものです。

理想を実現するため、問題を解決するため、自分が成長するためにはすべて小さな行動からでも動き出すことで現実のものとできる、近付く方法が見えるといわれています。
多くの人は何か問題があると考えて何ができるか、どう行動すればよいかと悩むものです。
しかし、そういった時間を作らずすぐにアクションを起こした方が先のアプローチが見えやすくなります。

フィードバックを活用する

フィードバックというのは反応のことです。
外からくるものもあれば内側からくるものもあります。

例えば外からのフィードバックというのは本を読んだり人の話を聞いたり行動して得られたものなど新しい情報のことです。
ここから得られたフィードバックは次の行動への手がかりや問題解決のヒント、新たな可能性などが見つかるものになります。

それに対して内側からのフィードバックは行動したことで自分の中で見つけた発見やアイデア、直感などです。
一つの行動ですべてが思いつき解決できるわけではないですが、続けていくことで思い浮かびやすくなったり次へのアクションが見えてきたりしやすくなります。

自分に問いかけて実践をしてみる

実際、問題に立ち会った際にどのように考動すればよいか、どういったことができるということを考えていてもなかなか結果にはつながらないです。
そこで紙に書き出していくと課題が見つかりやすいですし次へのステップも見つかりやすくなります。

今の問題点を書き出そうとしても思いつかない場合には現状を書いていくだけでも十分です。
書き出すことで問題点が見えてきて改善するべきポイントがわかることもあります。
大切なことはこのようにアクションを起こすことであり、具体的な行動が見えない場合には現状を知るために紙に書くことがとても有効です。