montagne-日々、仕事を頑張る男性のためのWEBマガジン

  1. >
  2. >
  3. スマートな会議術

スマートな会議術

スマートな会議術

パソコンやインターネットの飛躍的な進化により仕事の方法も変わりつつあります。特に仕事の中でその変化を感じるのは「会議」です。会議という概念は48歳以上のサラリーマンに聴くと「会議室」にこもって日ごろのさまざまな問題を話合う場所だという答えが返ってきますが、ミレニアル世代やジェネレーションXと呼ばれる世代は必ずしも会議室で会議をすることに固執しません。多くの会社で最短の時間で最大の成果を生み出すため日々さまざまな生産性を上げる方法が考案されています。そこで、この記事では長くなりがちな会議をスマートに短縮して仕事の効率を上げる方法を提案してみました。

会議をスマートに行う方法

現代では、誰かと話すとき物理的に接触しなくても簡単に意思疎通を図れます。日常生活でもLINEなどを使用して友達とコミュニケーションをとっている人も少なくないはずです。仕事も同様で主に使用されるのはチャットワークスです。どんなに距離が離れても長文で相手に要件を伝えたり、必要な添付ファイルを簡単に送れる優れた現代の技術のひとつです。さらに、ミレニアル世代やジェネレーションXは知りたいことはインターネット上で調べます。テクノロジーをつかうと会議で話す内容は、特別専門用語をつかったものや秘密に指定されているもの以外すぐにわかってしまいます。会議をする前にまずスマートに検索エンジンに解決策を入力するのもスマートな現代人の必須教養です。

スマートに行うため会議でやってはいけないこと

ミレニアル世代の中に入ると判るのですが、彼らの価値観は明らかにバブル世代と180度違います。仕事に対してはできるだけ無駄は省いて、自分の生活を重要視した働き方をするのです。彼らミレニアル世代やジェネレーションXは議題の決まっていない会議や無理やり議題を決めた会議に出席することに対し、非常にストレスを感じます。いくら給料が会議中に発生していても無駄な会議とわかった瞬間にモチベーションが下がる傾向にあります。したがって、部下のほとんどは無駄な会議を嫌う傾向にある世代だと知っておくと効率のいい会議を開けます。また、ミレニアル世代の特徴として上司であっても関係はあくまで対等だと思っています。会議で一方的な指示を出すと、生産性が低下するので、「これはきみにまかせよう」など自発的に行動するようなフレーズで導いてあげましょう。

このようにミレニアル世代やジェネレーションXは働き方に対して異なる感覚を持っています。会議室で決まった議題を決まった時間にこなすのは物理的な場所にとらわれ過ぎていると彼らは思います。仕事の効率を上げるには重要な会議以外はスカイプやハングアウトを使用したビデオ会議で行い、それ以外は会議の時間に制限のある貸会議室をつかうと良いでしょう。